女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

協力が必要不可欠!結婚後に貯金を貯めていくコツとは?

結婚が決まった時に考えておきたいのが、結婚後の貯金のこと。
将来、マイカーやマイホームの購入、出産などのお金が必要になることを考え、パートナーとよく話し合う必要があります。

では一体どのようにすれば、上手に貯金を増やせるのでしょうか?
そこで今回は、結婚後の貯金を貯めていくコツについてご紹介します。

©:weheartit.com

まずは家計管理を行う

結婚生活が始まってすぐに行いたいのが家計管理。
どれくらいのお金が入ってきて、いくら出ていくのか、収支の把握をしましょう。

主に夫婦共働きのカップルで夫婦別家計にしている場合は、家計をひとまとめにしたほうが管理しやすくなります。
たとえば夫の収入から家賃と光熱費、妻の収入から食費と生活費といったように支払う項目を分担し、残ったお金をそれぞれで自由に使っている場合、無駄な出費が多くなっているかもしれません。
お互いの収入と支出についてきちんと把握し、それぞれのお小遣いの額も決めておきましょう。

家計簿をつけるのが苦手な人もいるかもしれませんが、最近では簡単に家計管理ができる便利なスマートフォンアプリも登場しています。
食費や光熱費、交際費といった項目ごとに支出を確認することで、無駄な出費が見えてくるでしょう。

目的を持って貯金額を決める

結婚後に漠然と貯金しようと思っても、モチベーションは上がらないものです。
何のために貯金したいのか、目的を持つようにしましょう。

例えば、マイカーがほしい場合、どれだけのお金が必要か調べれば、おのずと貯金の目標額が見えてきます。
月々にどれくらいお金を貯めなければいけないか、目標設定がしやすくなるでしょう。
特にマイホームを検討している場合はなるべく早くからプランを立てることが大切です。
いつまでにマイホームがほしいのか、頭金をいくら用意するのか夫婦でよく話し合い、貯金の目標額を具体的に決めておきましょう。

給料から天引き貯金する

結婚後の貯金がなかなか増えないカップルに多いのが、収入から支出を引いた残りの金額を貯金にしているケース。
支出額によって貯金が多くなることもあれば、少なくなってしまうこともあり、毎月の貯金額が安定しません。
手元にあるお金が多く見えることで、余計に出費してしまうこともあるでしょう。

貯金したいなら、毎月の給料から一定額を天引きして貯める方法がおすすめです。
貯金専用の銀行口座を用意し、そこで貯金するようにしましょう。

出費を見直す

結婚後の支出が多いために、貯金に回せないこともあるでしょう。
その場合は毎月の出費を見直す必要があります。

生活費の中で比較的節約しやすいのが食費。
一般的に二人暮らしの食費の平均は3万円くらいとされています。
食費の出費が高すぎる場合は原因を探り、節約できるところがないかチェックしましょう。
買い物に行くとついつい買いすぎてしまう人は、1週間に使える金額を決めておくといいかもしれません。

また、携帯料金や保険料などの固定費を見直すことも大切です。
携帯料金は加入しているプランが適切か確認し、より安いプランに変更できないか調べてみましょう。
使っていないオプションがある場合はショップあるいはネットで解除するようにしましょう。

保険も携帯料金と同様に、まずは保障内容が適切かどうか確認する必要があります。
保険料が高額で家計を圧迫している場合は、将来的なリスクの中から優先度の高いものを選んで他を解約するなどし、保険料の負担を減らしましょう。

結婚後に貯金を貯めるには夫婦で協力しよう!

独身のころと違い、結婚後は夫婦二人で家計管理をしていくことになります。
貯金を効率よく増やすためには、お互いの協力と信頼関係が必要不可欠。

定期的に二人で家計状況をチェックし、話し合う場を持ってもいいかもしれません。
将来のために貯金を上手に増やしていきましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。