女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

コツがあれば上手く聞ける!彼氏の年収の上手な聞き方とは?

彼氏に聞くに聞けないことってありますか?
付き合っているカップルが、お互いのことで全くベールに包まれているのがお金のことなのです。
今回は聞くに聞けない代表の、彼氏の年収を聞くコツについてご紹介します。

一歩間違えれば険悪なムードになりがちなお金のこと。
将来のことを考えているならぜひとも実践してみてください。

©:weheartit.com

なかなか聞けないお金のこと

付き合っているカップルにとって、お互いのことは何でも知っているとはいっても、話に出てこないのが年収のこと。
生活を一緒にしている夫婦でも、お金の問題は一番揉める元です。
それぐらいナイーブな問題なので、今後一緒になるかもしれない相手の年収は知っておくべきことです。

別に相手のお金を当てにしているわけでもないのですが、簡単に年収を教えてとは言えないですよね。
自分の収入も付き合っている彼にはあからさまには言わないものなのです。

将来を考えている場合は知っておきたい彼氏の年収

付き合っている彼氏と結婚を考えている、もしくはすでにプロポーズされた場合、好きな相手との結婚は夢を描いては不安より楽しみが沢山あるもの。
ただここで気を付けたいのは、二人の収入で生活できるかということ。

いつまでも二人がずっと働いていられるとも限らず、女性は妊娠出産が待ち受けていますし、生活水準を考えていかなければいけません。
そう考えると、彼氏の年収は結婚する相手としての基準に達しているのかどうか知っておきたいですよね。

持ち物やよく行くお店で生活水準を知る

まず彼氏に年収を聞くにあたって、ある程度これぐらいかなというのを把握したいもの。
そのためには彼氏の生活水準を知っておくようにしましょう。

例えば彼氏の持ち物やよく行くお店。
最近は服は安くていいものがあるのでわかりにくいですが、バッグや財布は良いものを持っている男性が多いものです。
そしてよく行くお店も生活水準を知るうえで基準となります。

まずはこれくらいかな、というベースを自分の中で推理しておきましょう。
ただ、彼女であるあなたと一緒に行くお店だけで判断すると、収入とのバランスで食い違いがあるかもしれません。

彼氏の年収の上手な聞き方

彼氏が大きな買い物をした時

彼氏の年収を聞くタイミングとして適しているのは、彼氏が大きな買い物をした時。代表的なのが車です。
聞きたがっているような態度は禁物なので、自然に「もしかして一括で買っちゃったりして」というような軽いタッチで話題に入ってみましょう。

分割で購入する人がほとんどですが、そこから「自分はこれだけしか収入がないから無理だわ」とおちゃらけてみましょう。
彼氏も「俺はこんなくらいだけど」と話に乗ってくれるかもしれません。

ボーナスの話をした時

ボーナスの話はカップルならまだ話のネタにできるかも知れません。
「今年のボーナスこれだけだったよ~」とあなたから持ち掛けてみたら、彼氏もボーナス金額公表するまでに至るのではないでしょうか。

お金のことを聞くときに大切なのは、相手のお金を当てにすることではないということ。
だからこそ話の流れでぽろっと出てきたというイメージが必要なのです。

彼氏の年収を聞く目的

大切な話をするという意味で、なぜ年収が聞きたいのかを明確にする必要があるかもしれません。
それは先ほどの軽いタッチではなく、将来のことを見据えたりもっと真剣な話になった時。

同棲する時なども聞いておきたいものですし、なぜ聞きたいのか、聞いてどうするのかは伝えるべきなのです。
その時には年収が思っていたよりも低いからといって別れるつもりはないということは話しておきましょう。

付き合い始めてすぐはタブー

ひとつ気を付けたいのが、彼氏の年収を聞く時期です。
気になるからと言って付き合い始めてすぐというのは絶対やめましょう。
「コイツ何を考えているんだ」と思われてしまいますし、それが友達関係から始まった場合は、友達同士で「アイツは付き合い始めていきなり俺の年収聞いてくるんだぜ!」と噂にもなりかねません。

上手く聞くことで彼氏の年収を把握しよう!

彼氏の年収を聞くコツですがいかがでしたか?
気にはなるけど聞くきっかけをつかむのも難しいですし、相手に変なイメージを持たれてしまうのも困ります。
でも、同棲や将来結婚するという話が出た時には相手の年収は知っておくべきこと。

後々になってからでは余計に聞けなくなってしまいます。
そういう面でも、ちゃんと年収を教えてくれる彼氏はあなたにとっていいパートナーになれるかもしれないですね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。