女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

結婚したいのに…同棲中の彼氏に結婚を意識させる方法とは?

同棲中の彼氏に結婚を意識してもらいたい。
でも結婚したいなんて思っていなさそう。
そんな同棲中の彼氏に結婚を意識してもらう方法をご紹介します。

ポイントは一度や二度話しただけであきらめてはいけないということ。
結婚を他人事ではなく、現実として感じてもらうことが大切です。

©:weheartit.com

同棲の年数が長ければ長いほど難しい?

「同棲していれば結婚まで秒読みなんじゃないの?」と思われがちですが、実はそうでもありません。
特に同棲生活が長ければ長いほど、結婚を意識してもらうのにはコツが必要になってきます。
その理由は、現に一緒に住んでいて結婚という二字にとらわれたくないという男性も多いからです。

特に職場に結婚している上司や同僚がいると、結婚生活をイメージしている場合が多いもの。
彼女の時には可愛かった奥さんも今では鬼のようなんて聞いてしまうと、結婚に二の足を踏んでしまうことにもなりかねません。
同棲中の彼氏がいる場合は早急に行動を起こしましょう。

何故プロポーズしてくれないのか?

結婚が重く感じる

先ほども書いた通り、上司や同僚から結婚したらどうなるかという話を日々聞かされていたとします。
「子供も可愛いし奥さんの料理もおいしいし結婚はいいものだ」なんて聞いていればいいイメージを持っていてくれていますが、結婚したことでズンと重くなることばかり聞いていればイメージはガタガタ崩れてしまいます。

気持ちに余裕がない

「仕事も忙しいし今は家族というものを持つ余裕がない」そうはっきり言ってくる彼氏も少なくないのでは。
直接言われてしまっては返す言葉もなくなってしまいます。

気持ちのズレはいつしか亀裂となってしまうもの。
そうなる前に自分の気持ちも伝えてしまって、それがだめなら二人の関係を見直す良い機会と捉えれてもいいのではないでしょうか。

同棲中の彼氏に結婚を意識させる方法

結婚した友人の話をする

男性自身が結婚に対してどんなイメージを持つか、それによって彼女にプロポーズしようかどうか大きく影響します。
それには、家族というものが若い男性にとってもいいものだということを植え付けないといけません。

結婚は夫と妻だけではなく、いずれは増えるであろう子供や、双方の家族関係もあるでしょう。
一番イメージがわきやすいのは、結婚した友達夫婦の話をしてみることではないでしょうか。
いい雰囲気の友人の家庭の話をすれば、悪くはないなと考えてくれるきっかけにもなりえます。

親から結婚話を勧められていると話す

親から結婚もそろそろという話が出てきて、結婚話を勧められている旨をそれとなく話してみてもいいかも。
女性の年齢にもよりますが、晩婚とはされていても、子供を産む負担は年齢が進むより若いうちというのは今も言われています。

親から結婚の話が出てることで彼氏も少しはあなたとの結婚を意識してくれるはず。
うかうかしていると他の男にとられるなんてことにもなりかねません。
ちょっと彼氏を焦らせてみてもいいのでは。

同棲では得られない家族の姿をイメージしてもらう

二人の結婚の先にある家族というものに焦点を当て、子供がいる家族を想像させてみましょう。
「家族が増えてこんな楽しいことができるし、きっと子供もこんなに可愛いよ」などと、将来が楽しみになるような展望を語ってみてもいいかも。
大切な人と一緒にいるという幸せをちょっと味わってもらいたいですよね。

同棲中の彼氏との結婚は思ったよりハードルが高い

すでに一緒に住んでいることから、結婚を前提に同棲でもしていない限り、同棲からの結婚はハードルが高いのが現状です。
お互いに人生というものがありますし、同棲で終わるのか結婚も視野に入れているのか、二人にとっていい答えが出るのが一番です。
ずるずると同棲生活が続くより、時々は結婚したらこんな感じというイメージを話してみるといいかもしれませんね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。