女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

彼氏をキュンとさせちゃおう!彼氏が喜ぶ上手な甘え方3選!

恋愛において、女性は男性に尽くすものというイメージはありませんか?
実は男性は女性に頼られたい、甘えてほしいと思っている人が多いのです。
もちろん尽くす恋愛も大切ですが、時には彼に甘えて、彼を喜ばせてあげてみてはいかがでしょうか。

ここでは彼が喜ぶ甘え方をご紹介します。
彼にどうやって甘えたらよいのか、甘え下手の人は参考にしてみてください。

©:weheartit.com

甘える時の注意点

彼に甘える場合に、間違えてしまいがちなのは「物をおねだりする事」「自己中心的な甘え」と、男性が思う「可愛く甘える」が別物であるという事です。

・高価なブランドバッグやアクセサリーをおねだりする事
・彼の忙しい時間に「会いたい」と言って困らせる事
・人前で彼に甘える事

これらは逆効果になってしまいます。
甘える時には、「お金をかけさせない」「自分の要求だけを押し付けない」「TPOをわきまえる」という事を原則として考えておく事が大切です。

また、いつでも甘えるよりも小出しにした方が、彼をドキッとさせる事ができるので、二人きりの時に時々甘えてみるようにしましょう。
甘える時には、彼の耳元でささやくようにしたり、少しはじらいながら小声で言うようにしたりするなど、オープンな態度より恥ずかしそうな態度や、二人だけで過ごしている事を意識させるようにした方がより効果的です。

彼氏が喜ぶ3つの上手な甘え方

①スキンシップで甘える

彼と二人で過ごしている時に、いつもなら少し距離を置いて座っている女性が「もう少しくっつきたい」と言ってみると、彼はきっとドキッとするはずですよね。
別れ際に「キスしたい」「ハグして」とねだったり、一緒にベッドにいる時に「腕枕して」など、スキンシップを女性からおねだりしたりする事は、彼を喜ばせる甘え方の基本です。
特に普段はしっかりしている彼女や、少し奥手で恋愛初心者の彼女が自分からスキンシップをおねだりしてくると、男性はキュンとしてしまうに違いありません。

②言葉で甘える

彼とのデートが終わりに差し掛かった時に「もうちょっと一緒にいたかったな」と言ってみたり、「こんな時間になっちゃった、帰りたくないなぁ」などの言葉で、もっと一緒にいたい気持ちを伝えてみたりするのも良いでしょう。
電話で話をしている時も「じゃあね!」と電話を切ってしまうよりも、「もう少し話したかったな…」という余韻を残しながら電話を切る事で、彼が思わず構いたくなるようになります。

また自分の気持ちをストレートに伝える事も効果的です。
「会えなくて寂しい」「デートが終わるのが寂しい」などの言葉も、時には彼を喜ばすエッセンスになります。
こうした言葉も毎回言わずに小出しにするのがポイントですよ。

③しぐさで甘える

おねだりの言葉を言う時や、彼を見つめる時にちょっと上目遣いで見つめる事で、彼は「守ってあげたい」「構いたい」「自分がいないとダメな存在なのだ」と思う事があります。
例えば帰り際に少し後ろを歩いて、彼の腕や洋服の裾を軽く引っ張り、上目遣いで「帰りたくない」と言ってみる事で、彼はあなたの寂しい気持ちや一緒にいたい気持ちを理解してくれるでしょう。

また軽いじゃれ合いなども好む男性もいます。
彼があなたに対して、ちょっとした意地悪を言った時には、「もぅ」とほおを膨らませ、軽くたたくふりをするなど、可愛いしぐさで甘えるそぶりを見せる事で、「可愛い女性」と思ってもらう事ができるのです。

上手な甘え方で彼氏を虜にしちゃおう!

甘え上手な女性は、彼が「構いたくなる」「放っておけない」存在になります。
特にしっかりしている女性が見せる甘えは男性にしてみれば「ギャップ萌え」になり、他の人に彼女の愛らしい部分を知られたくないと思うのです。
上手に甘えて彼との距離をさらに縮め、長く愛される女性になるようにしましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。