女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

失恋から立ち直れない女性に聞かせたい失恋経験者の話とは?

男性に失恋してしまい、なかなか立ち直れない。相手を好きでいればいるほど辛いもの。
でもいつか立ち直らなくては次の恋にも行けないし、いつまでもその人のことばかり考えている場合じゃないですよね。
今回は立ち直りたいけど立ち直れなくて苦しんでいる人のために、失恋経験者が語るアドバイスをご紹介します。

©:weheartit.com

失恋した時のダメージ

失恋した時のダメージは人それぞれであり、その時その時でもかなり違うもの。
案外すんなりと忘れていることもあれば、いつまでも尾を引いてしまい頭から離れない時も。

しかも失恋にはタチのいいもの悪いものと違いもあって、傷つくような失恋だと心にずっと残ってしまい、下手をすれば相手を憎んでしまうことさえあります。
ダメージが良い思い出に変わるには、自分の中での踏ん切りがとても大切です。

失恋者経験者からのアドバイス

「次の恋愛に進もうよ」

失恋経験者が失恋して立ち直れない人に贈る言葉でよく聞くのが、「次の恋愛に進もうよ」というメッセージ。
「男は星の数ほどいるんだから、次行っちゃえばいいんだよ!」という強い思いからくるもの。

自分を鼓舞するというより、落ち込んでいたらどんどん深みにはまるのが目に見えているので、あえて強く出ようよという意味が込められています。
実際にすぐに誰かを見つけるというのは難しいかも知れません。

「とことん落ち込んで悲しめ」

次の恋愛に進むのとはちょっと違い、あえてとことんまで悲しんで落ち込んでいっぱい泣いちゃおうというコンセプト。
失恋した時には悲しい歌を聞いて涙を流すということをよく聞きます。

泣いてどうなるという声もあるかも知れませんが、とことん悲しみに打ちひしがれていると後は這い上がるのみ。
思いっきり落ちるところまで落ちたほうがいいという女性は、失恋の痛みをベースにして強くなるのかもしれませんね。

「没頭する何かを探せ」

失恋してなんだかやる気もなくなってきて、仕事も勉強も上の空。
自分的にこんなに打撃を受けるなんて思わなかったというのが、失恋から立ち直れない時に思うことなのではないでしょうか。

そのダメージをあまり強く感じないようにするためには、没頭できる何かを探したほうがいいという今回のメッセージ。
失恋は本当に辛いもの。しかしそればかりで頭をいっぱいにしてしまっては、傷を治す時間を長引かせているのと同じこと。
それなら趣味でもいいし、やってみたいと思っていたことでもどんどん積極的に行動していきましょう。

「自分を磨け」

失恋して女性が最初にやってしまうのが暴飲暴食。
確かに憂さ晴らしも必要かもしれませんが、食べて飲んでを繰り返して体形が変わり、肌の質も落ちてしまうなんてことになっては、失恋以上に立ち直れないことになるかも。
暴飲暴食はほどほどに、そのあとは自分の外見や中身を磨いていきましょう。

どんどん自分が変わっていくと、もしかしたら相手を見返すきっかけになるかも!
「私を振ったこと後悔させてやる!」くらいの勢いで綺麗になっちゃいましょう!

失恋から立ち直れない時はどうすればいい?

楽しむ何かを探すこと

最後に失恋から立ち直るコツを二つお教えしましょう。
まずは目いっぱい楽しむ何かを探すこと。
人生の中で失恋して傷心の期間ってほんの少し。
ほとんどの時間は自分や大切な人のために使われるものです。

辛い期間ではあるけれど、少しずつでも自分が楽しむ時間を作るというのはとても大事なこと。
失恋を思い出に移行していくために何か始めるというのはいいきっかけなのかもしれません。

無理に忘れようとはしない

失恋した相手はできるだけ早く忘れたいのが本音ですよね。
でも無理に頭から忘れようと思っても痛手は残っているので、忘れられずに心の中でくすぶっています。

そういう時はあえて無理に忘れようとしないこと。
頭や心に言い聞かせている間は無理だとあきらめて、好きな相手を思っていた時間を今度は自分のために使いましょう。
そうすることで失恋した相手が過去になっていくものです。

失恋から立ち直れないときは自分を見つめる時間を作る

失恋して立ち直れないと思っている時間は何も手につかなくなるかもしれません。
しかし、それは自分を見つめる時間を作る大切な過程でもあります。
自分の思った通りの人生を生きるのは楽しいかもしれませんが、思い通りにならなくて自分の気持ちと違った結果に悩みながら成長するという経験も必要です。

失恋を嫌な記憶としてインプットしないように前を向いてまた進んでいくと、もっと輝けるかも知れません。
次こそは素敵な男性に巡り合えますように。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。