女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

これが復縁のカギ!?冷却期間の効果とその理由とは?

別れてから復縁を望んでいる場合、冷却期間を置くというのはよく言われていることですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。
今回は冷却期間の効果や、その理由についてご紹介していきます。

©:weheartit.com

冷却期間とは?

冷却期間とは、簡単に言うと別れたときの感情を一旦落ち着かせる期間のことです。
例えば喧嘩が原因の場合、その時の感情だけに左右されないように、一度冷静に考え直す必要がありますよね。
喧嘩という原因を例に出しましたが、それ以外のほとんどの場合に、冷却期間は必要になってくるのです。

冷却期間は短くて一週間、長い場合は一年というように、別れた理由や人によって長さが違います。
また、別れてから冷却期間を置くのは、復縁までのステップの中で最も大切です。

冷却期間が復縁に大きく関わってくる理由は?

ここまでの説明を読んで、「なんで冷却期間ってこんなに大切って言われるのかな?」と思った方も多いのではないでしょうか。
別れた後に冷却期間が必要な主な理由は、お互いが冷静になれるからです。

「別れた時は物凄く腹を立てていた事だけど、今になってよく考えてみたらあんなにも怒る必要はなかった」という経験はないでしょうか。
もし、冷静に判断ができない時に選択を間違えてしまうと、後から後悔してしまう可能性があるのです。
さらにお互い心に余裕がある状態で話し合うことで、無駄な争いを防ぐこともできますし、2人の関係が良い方向に向かうことが多いのです。

冷却期間がいらないケース

確かに、復縁における冷却期間は最重要ではありますが、冷却期間を置かないほうがよい場合もあります。
それは、自分から振った場合です。

自分から別れを告げたことに後悔しているという時は、冷却期間を置く必要がないどころか逆効果です。
そういった場合はすぐに、「別れたことを後悔している」という今の思いを相手に話しましょう。

冷却期間の効果とは?

では、冷却期間は実際にどのような効果をもたらすのでしょうか?

恋愛対象として再度認識してもらえる

別れているということは、少なからず相手が自分に対して悪い印象を持っているでしょう。
そのような良くない印象が残ったままだと、恋愛対象として認識されづらいこともあります。
冷却期間を置いて、相手に冷静になってもらうことでそのイメージが払拭され、再び恋愛対象と見てもらうことができるのです。

自分自身を落ち着かせるため

冷却期間を作ると、その時間の中で落ち着きを取り戻し、冷静になることができます。
心に余裕のない状態で相手と関わることにメリットはありません。

まずはあなた自身が心に余裕を持たせて置く必要があります。
相手とコミュニケーションをはかろうとするのであれば、そのような心の余裕を持っておくようにしましょう。

自分の良くなかった所が改善できる

冷却期間を置くと、自分の良くなかったところを見つめ直す時間ができるため、それを改善することができます。
相手から「変わった」「今の○○となら良い関係を築ける」と思ってもらうことが大切なのです。
相手がよく思っていなかった部分などを直すことで、復縁に大きく近づくことができます。

復縁してからの関係性が良くなる

冷却期間を作るとお互いが冷静になる時間ができるため、復縁に成功した際には今まで以上に深い信頼関係を築くことができます。
また、長い間付き合っていた場合などは特にですが、付き合っている間に恋愛感情がマンネリ化してしまうこともあります。
ですが、冷却期間によって関わる時間が圧倒的に減るため、恋愛感情が復活しやすくもなるのです。

冷却期間の効果をうまく使って復縁を成功させましょう

今回ご紹介したように、冷却期間はかなり多くの効果をもたらしてくれます。
そんな冷却期間をうまく活用し、復縁や相手と良い関係を築くのに役立てましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。