女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

無意識のうちに?好きな人の口癖がうつる理由と心理とは?

好きな人と話をしているうちに、なぜか彼の口癖がうつってしまったという経験はありませんか?
なぜ好きな人と話をするだけで口癖がうつってしまうのでしょうか。

口癖がうつるのは、彼との関係を良くしたいという理由と心理があるのです。
彼の口癖がうつってしまったのはどうしてか知りたいと思う人は参考にしてみてくださいね。

©:weheartit.com

一緒にいる時間が長いと当然口癖はうつりやすくなる

彼と一緒にいる時間が長い、毎日電話で長い時間会話をしているカップルは、物理的にも口癖はうつりやすくなります。
彼との会話の中に共感したり、同調したりする部分が多ければ多いほどうつる傾向にあります。
彼の話に引き込まれてしまう、彼と同じようなことを考えていたなど、仲の良いカップルほど口癖はうつりやすくなるのです。

反対に、彼がネガティブな言葉をよく言うカップルもやはり口癖はうつりやすくなります。
彼が、「どうせ」「めんどくさい」「仕方ない」「そんなものだろう」「できない」などの否定的な口癖もやはりうつりやすくなってしまいます。
彼の話に理解を示し、よき理解者でありたいという心理も手伝って、口癖がうつりやすくなるのです。

彼のことを尊敬していると口癖がうつりやすい

仕事のできる人である場合や、ポジティブで何かに取り組んでいる人の場合には、彼を尊敬していることから口癖がうつりやすくなります。
彼の行動を真似してみたい、彼のようにふるまいたいということから口癖がうつることもあります。

愛されているからうつる口癖もある

彼があなたのしてくれた行為に対して「ありがとう」とたくさん言う人の場合には、いつの間にか「ありがとう」という言葉がうつってしまうこともあります。
彼に対してだけでなく、自分のために何かしてもらった時に、ふと「ありがとう」という言葉が口をついて出てくることがあります。
感謝の言葉を口に出せるのは、自分も「ありがとう」と言われて嬉しかったという心理が働くからです。

また彼はあなたのことを愛しているからこそ、日ごろのしてくれたことに対して感謝の気持ちを言葉で表しているのです。
そのような関係だからこそ、他の人に対しても「ありがとう」という言葉がすぐに口癖のように出てくるようになります。

距離が近いから口癖がうつってしまう

同じ職場の近い席で彼がぶつぶつと独り言をよく言っている、同じ口癖をよく言っているという場合には、物理的な距離が近いことから口癖が耳に入るようになります。
そのような場合には特別に意識をしているわけではないけれど、いつの間にか耳に入ってきて覚えてしまうこともあります。

彼に好きになってもらいたい気持ちがあるからうつる

まだ片思いで彼とは付き合っていないのに、彼の口癖がうつってしまったということがあるでしょう。
それは、あなたが彼のことをよく観察しているからです。
彼の行動や発する言葉をよく観察して見聞きしていることが原因の一つといえるでしょう。

憧れている人が発する言葉は何となく頭の中で繰り返してしまうこともあります。
彼の言っていることに対して、「すごいな」「あの人みたいになりたい」と思っていると、彼の口癖がひとりでにうつってしまうことになるのです。
憧れている人と同じ思考になりたい、憧れている人に振り向いてもらいたいという気持ちがあるからこそ、口癖がうつってしまうのです。

好意がある相手だからこそ、気持ちに同調しやすく口癖もうつりやすい

相手に対して好意をもっているからこそ、口癖はうつりやすくなります。
心の距離が近い、または近づけたいことから、無意識に彼と同じような言葉を使ってしまうこともあるのです。
彼と心を通わせたいからこそ、考え方も似てきてしまうこともありますよね。

好きの気持ちが強い、距離が近い、接触回数が多いなど、物理的、または心理的な距離が近いほど口癖がうつりやすくなります。
もし秘密の恋をしている場合には、口癖にも注意が必要ですね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。