女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

元彼を忘れられないまま結婚した後の気持ちの切り替え方とは?

昔付き合っていた元彼。結局結婚までには至らなくて別の人と結婚したもののまだ忘れられない。
思わずこの結婚は間違っていたかもと思い詰めることもあるかも。

そこで今回は、結婚した後に出てくる元彼への思いをどう切り替えるかをご紹介しましょう。
なんとなく心の片隅にいる元彼についても引っ張り出してみて考えてみるといいでしょう。

©:weheartit.com

結婚というタイミング

結婚にはタイミングがあります。
付き合っている期間が長ければ長いほどタイミングを逃し続けてしまい、結局彼氏彼女の関係で終わってしまうことはよくあること。

最近では交際期間が短いほど結婚にたどり着くことが多いという統計も出ています。
勢いでゴールインするという風潮ではありますが、すべてにおいて相手との相性を短時間で推し量っての結果でもあります。
今の時代、そういった決断の速さも大切なのではないでしょうか。

元彼と結婚まで至らなかった理由

多忙でゆとりがなかった

元彼と結婚まで至らなかった理由、最近のカップルでは大きく分けて二つあると思われます。
その一つが、二人が若しくは男性側が多忙のため結婚が考えられなかったというもの。

仕事も簡略化されつつある現代でも、朝早くから夜中まで仕事をしている人は少なくありません。
結婚に有する時間や精神的な忙しさは結構なもの。
仕事が落ち着いたら考えようと言っているうちに立ち消えしてしまったケースもあるでしょう。

結婚をはぐらかされていた

女性側は結婚を意識しているけれど、男性にそれとなく伝えてもはぐらかされていたというのもよく聞きます。
最近多い結婚できない女性の理由で一番多いのではないでしょうか。

やはり出産年齢も気になりますし、周りの同僚や学生時代の友達の結婚が続くと自分も意識するものですよね。
なぜ結婚を遠ざけているのか、男性の理由は様々あるかも知れませんが、今の生活が楽だというのも大きいのかも。

元彼を忘れられないまま結婚した後の気持ちの切り替え方

今ある幸せは今の夫だから

まずは今ある幸せは今の夫だからということを考えて。
今の結婚生活の中で元彼を思い出すなら、気持ちにゆとりがあるということ。

家族が健康で経済的にも困窮しているわけでもないということから、今幸せなのは今の夫と結婚したからということを心に留めておきましょう。
一時の好いた惚れたで左右されてはいけません。

元彼を客観的に見つめる

人間落ち着くとなぜか隣の芝生が気になるもの。
それは自分が過去付き合っていた人も同じで、昔の輝いていた自分と、当時隣にいた人がキラキラして見えるのです。

でも元彼が夫になったらと考えてみましょう。
付き合っている彼氏なら大目に見ている嫌な部分も、結婚してずっと生活するとなると耐えられるものでしょうか。
感情と実際一緒に生きていく価値観というものをよく考えてみると、自ずと結果はわかりますよね。

過去は過去。今を楽しむ

元彼との日々は過去のもの。
今はこれからの人生の因となるものです。
過去は過去だと割り切って今を一生懸命生きていく方が賢明です。

何か悩み事や辛いことがあると他の男性のことを思い出してしまうのは、女性の癖でもあります。
一時的に辛くても、安易に別の男性のことを考えてしまわずに、今自分の手元にある幸せをどんどん広げていくべきです。
今を楽しむ、それが一番大事なのではないでしょうか。

元彼を忘れられないまま結婚しても今の幸せを大切に!

結婚した後に元彼への気持ちが湧いてくる、それは結婚が思っていたものと違っている時に起こる衝動なのかも知れません。
しかし、付き合うのに適した人と結婚に適した人は違うのです。
結婚まで至らなかった元彼は結婚するより付き合うのに適した人だったのかも知れません。
不思議と自分にとって結婚に適した人が人生のパートナーになりうるのです。

元彼への気持ちは一時のもの。
今を見つめて結婚生活を楽しんでくださいね!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。