女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

すれ違いの恋愛はなぜ起こるのか?その理由と対処法とは?

ちょっとしたすれ違いが、恋愛中の2人の仲を壊すきっかけになっているなんて悲しいですよね。
脈ありサインのつもりでいたら避けていると思われてしまったり、言葉が足りないだけで悪い方へ流れてしまうのはもうたくさん!
すれ違いの恋愛が起きてしまう理由と向き合い、その対処法を考えていきましょう。

©:weheartit.com

すれ違いの恋愛が起こる理由①:アプローチがわかりにくい

シャイな人はわかりにくい脈ありサインを送り、自分の気持ちに気づいてもらえないことがあります。
また、恋愛の駆け引きに慣れているつもりの人も、アプローチが複雑すぎて混乱を招くことが。
このような場合どうしたらいいのでしょうか?

対処法:恥ずかしくても隠しすぎないこと

好きな人がそれっぽい態度を見せてきた時、こちらも脈ありサインを送って両思いだとアピールしてあげたいですよね。
でも、恥ずかしくて目をそらしたり返事をはぐらかしてしまい、すれちがいの恋愛がスタートしてしまうことも珍しくありません。

そんな時はこんなことを思い出してみてください。
「恥ずかしくても隠しすぎないこと」です。
気持ちを悟られるのがむず痒くて辛い気持ちもわかりますが、男性は照れる女性の姿を見てキュンとするし、「やっぱり好きなんだ!」とほっとします。
だから、ちょっとくらいバレてしまった方が恋愛はスムーズにいくと思ってください。

対処法:反応を見て駆け引きを決める

恋愛に慣れているつもりでも、相手も同じような人とは限らないので注意しましょう。
複雑なアプローチはやめておくのが無難です。
急にそっけなくしたり、やきもちをやかせるような行動をとると、傷ついたりムッとする男性もけっこういて、すれ違いを生んでしまいます。

でも、恋愛には駆け引きが必要な時もありますよね。
上手くやるコツは、「自分よがりにならない」ということ。
相手の反応を見てイマイチならやり方を変えた方がいいし、思っていたのと違うリアクションだったら諦めて別の作戦を考えましょう。

すれ違いの恋愛が起こる理由②:安心しすぎも調子にのるのもダメ

付き合いが長くなると、「言わなくてわかるだろう」なんて安心しすぎて言葉足らずになることもあります。
両思いだと気づいた時もそう。
調子にのって相手をイラっとさせてしまう人もいますね。
そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

対処法:大事なことはちゃんと言うこと

長く付き合っていると、すっかり油断して相手への対応が雑になってしまうことがありますよね。
「これはこうしてほしい」という要望もそうだし、「あなたが好きです」ということまでわざわざ言う必要がないのではと思ってしまうんです。

ただ、大事なことはちゃんと言わないと伝わらない時があります。
誤解されそうな時や、2人の仲がマンネリ化しつつある時なんかは要注意。
2人のルールもたまには確認しておかないと忘れてしまうことがあって当然です。
「わかっているよ」と言われても気にせず、大事なことは伝えてすれ違いを生まないようにしてください。

対処法:両思いに甘えないこと

上手くいくかわからない恋愛には慎重になれるのに、両思いになった途端に調子にのってしまうことってありませんか?
「好きなんでしょ」という態度でじらしておもしろがってみたり、わざとやきもちをやかせるようなことをして相手を刺激するのはやめておくべきです。

だって、両思いはずっと続くわけじゃないから。
手に入った途端に調子にのるあなたを見て、「これが本性か…」と幻滅する男性もきっといます。
男性はとっても繊細でロマンチストなので、両思いなら今こそ「好き」をたくさん見せて相手を喜ばせてあげるべきです。

すれ違いの恋愛が起きた時はしっかりと向き合うこと!

すれ違いの恋愛は意外とあっさり起こってしまいます。
きっかけは自分だけじゃありませんが、すねたり開き直ったりしてもますますこじれるだけ。
自分からきっかけを作らないようにすることはもちろん大事ですが、すれ違いが起きそうだと気づいた時は、きっかけはどうであれ自分の方からそれを解決する行動を取りましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。