女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

関係を進展させたい!奥手な男性にアプローチする方法とは?

気になる男性はどうも恋愛に奥手かもしれないと悩んでいませんか?
彼が奥手な場合、恋愛をさらに発展させたい場合には、女性側から積極的にアプローチしていく必要があります。
彼との関係をステップアップさせたいなら、上手にリードすることが大切です。

©:weheartit.com

奥手な男性の特徴は?

昔は寡黙な男性は、軽い男性よりも信頼感があり、恋愛相手や結婚相手には最適と思われてきました。
しかし、寡黙な男性や奥手な男性は、いざ恋愛するとなると「なかなかリードしてもらえない」「どのようにアプローチしてよいかわからない」ということもあり、女性にとって難攻不落というイメージがあります。

男性とは会話を楽しんでいるのに、女性が来ると無口になったり、何となくぎこちない態度を取ったりすることもあるでしょう。
また目を合わせようとしないから、嫌われているのかもしれないと感じることもあるかもしれません。
奥手な男性は恋愛に対して、または女性に対してどのような心理が働いているのでしょうか?

奥手な男性は恋愛に対して不安や恐怖がある

奥手な男性は、女性との接点を持つ経験が圧倒的にないことや、過去に女性と何かトラブルやトラウマになる出来事を経験している場合があります。
そのため、恋愛に対して不安や恐怖があり、失敗を恐れている可能性が高いのです。
恋愛に対して臆病になっているからこそ奥手になってしまい、相手の気持ちに確信が持てないと前に進むことができない場合が多いのです。

奥手な男性を好きになった、付き合うことになった場合には、彼の気持ちを受け入れて焦らず進むことが大切です。
そして、あなたがリードしながらも、彼のプライドを傷つけないようにすることが重要なポイントです。
例えば、あなたがデートプランをいくつか用意し、彼に決めてもらうようにすることなど、彼のペースも大切にしながら恋愛関係を構築することが大切です。

奥手な男性にアプローチする方法

奥手な男性と距離を縮めるためには?

気になる男性がもし奥手なタイプである場合には、彼と会話が弾むように話しかけてみましょう。
彼に話題を振ることや、彼が話しやすい趣味の話などを女性側から積極的に行うことで、彼は少しずつあなたに打ち解けてくるはずです。
特に、趣味や自分の関心ごとであれば、話しやすく話題も広がりやすいので、あなたがある程度趣味について勉強しておくことで、会話が途切れることなく広げることができますよ。

奥手な男性ばデートに誘う場合は?

奥手な男性にとって、いきなりスキンシップの多いデートはハードルが高いものです。
まずはランチなどの気軽に誘えるものからデートプランを立ててみましょう。
食事であれば現地集合も可能ですし、食事が終わった後にそのまま解散することもできます。

もしかしたら女性とのデートも久しぶりで、彼が緊張している場合もあるので、その場合は食事だけでデートを切り上げることを検討してみる必要があります。
雰囲気がいいなら「もう少し一緒にいたい」と素直な気持ちを女性側から伝えることで、彼もあなたの気持ちに気が付いてくれるはずです。

奥手な男性から告白させるためには?

前述しましたが、奥手な男性は恋愛で失敗することで、プライドをひどく傷つけられたと感じている場合もあります。
その傷ついた気持ちを拭い、自信を持ってもらうことが、彼から告白させるためには大切なことになります。

その手段として、彼があなたに告白したくなるシチュエーションを作ることをおすすめします。
「このまま一緒にいられたら楽しい」「○○君の彼女は幸せだよね」などの言葉を伝えたり、あなたが悩み事を相談して、二人だけにしかわからない秘密の共有をしたりして、あなたの気持ちをそれとなく伝えていくのです。

あなたの気持ちははっきりと彼に向いていることがあからさまに分かるくらいでないと、彼は告白することをためらいます。
自分を好きと思ってくれていると確信出来ることで、やっと告白する勇気を取り戻すことができるのです。

奥手な男性には分かりやすいアプローチが大事!

奥手な男性は気になる女性からのアプローチは断らないけれど、苦手な女性のアプローチであれば「視線を合わせない」「会話がそっけない」「デートを断る」と言動もはっきりしています。
あなたの誘いに乗ってくる場合には、あなたからのアプローチをまんざらではないと思っている証拠です。

その分、付き合うと大切にしてくれるのが奥手な男性と付き合うメリットともなります。
もどかしいと思うこともあるかもしれませんが、じっくりと時間をかけてアプローチすることがポイントです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。