女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

可能性を高めたい!LINEで成功率を上げる告白の仕方とは?

今やLINEは恋活するうえで欠かせないコミュニケーションツール。
LINEで好きな人にアプローチしている人も多いでしょう。

中には、LINEで告白しようと計画している人もいるかもしれません。
そこで今回は、LINEで成功率を上げる告白の仕方についてご紹介します。

©:weheartit.com

LINEでの告白はあり?なし?

とあるデータによると、半数以上の男女が直接告白されたいと思っているようです。
やはり、相手に本気さや誠実さを伝えるためにはLINEではなく、面と向かって告白するのが一番。

とは言え、好きな人と二人きりになるチャンスをなかなか掴めなかったり、対面で告白する勇気が出ないという人もいるはず。
LINEで告白するかしないかの二択であれば、何もしないよりも思い切って告白したほうが、恋愛が成就するチャンスは大きいと言えるでしょう。

LINEよりも対面での告白を支持する人が多いのは男女同じですが、男性は女性よりも比較的LINEでの告白に寛容的だというデータもあります。
告白の仕方を工夫すれば、LINEでも相手の心を掴むことができるかもしれません。

LINEで成功率を上げる告白の仕方

LINEでの告白はタイミングや切り出し方、その後のフォローが重要です。
LINEで成功率を上げる告白の仕方について見ていきましょう。

タイミングは夜がベスト

LINEで告白するなら、相手がLINEを見やすい時間帯がベスト。
一般的には、学校や仕事が終わって自宅にいる夕方から夜の間が狙い目でしょう。

このタイミングには科学的な根拠もあると言われており、人は夜になると副交感神経が優位になることでリラックスした状態になります。
一方、昼間は「闘争あるいは逃走の神経」とも呼ばれる交感神経が優位であることから、告白には不向き。
よって、相手がLINEを見られる可能性が高く、かつリラックスしている夜の時間帯がベストと言えるのです。

告白は前置きをしてから

LINEで突然告白すると、相手を驚かせてしまいます。
飲み会など外出中だった場合は告白されても返信しづらいため、相手を困らせてしまうでしょう。
最悪、告白の返事がもらえないこともあるかもしれません。

LINEで告白する時は突然切り出すのではなく、「大事な話がしたい」と前置きするようにしましょう。
ある程度鋭い相手であれば「告白されるかもしれない」と予想がつくため、受け入れ体制に入った状態で告白を聞いてもらえます。
相手が自宅にいてLINEができる状況かどうかも事前に確認しておくといいでしょう。

シンプルに「好き」を伝える

対面でもLINEでも、告白はシンプルでストレートな言葉が好印象です。
回りくどい言い方をすると相手を混乱させてしまうため、「好き」とシンプルに伝えるようにしましょう。
対面と違ってLINEでの告白は相手が本気かどうか懐疑的になりやすいため、好きになった経緯などを付け加えて告白するとより良いでしょう。

LINEだけで終わらせない

LINEで告白するとは言え、LINEだけで完結させるのはやはり不誠実かもしれません。
告白してOKをもらえたとしても、それで終わらせると相手は肩透かしを食らったような気持ちになってしまうでしょう。
カップルとして成立したのかどうかすら分からず、お互いが混乱してしまうかもしれません。

LINEで告白して相手から良い返事をもらえたら、改めてデートの約束を取りつけることをおすすめします。
LINEで伝えきれなかった「好き」の気持ちを対面できちんと伝えるようにしましょう。

LINEでの告白は最終手段と心得るべき!

先述したとおり、告白するなら対面が一番。
LINEでの告白は対面よりも成功率が低いことを前提に、最終手段として考えたほうがいいでしょう。

いざLINEで告白するなら、タイミングや告白の仕方に注意が必要です。
相手に自分の気持ちが伝わりやすいように工夫し、告白の成功率を上げましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。