女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

一目惚れした男性に話しかけるための口実の作り方とは?

どうにかして一目惚れした男性に話しかけたい…そう思ってもなかなかチャンスが掴めませんよね。
かと言って用もなく話しかけるのはかなり勇気がいるもの。
そこで今回は、一目惚れした男性に上手に話しかけるための口実の作り方をご紹介します。

©:weheartit.com

職場の同僚の場合

同じ職場で働く人に一目惚れした場合、基本的な挨拶を通じて話しかけるのがおすすめです。
例えば、職場のコーヒーメーカーや自販機の前で会ったときには「おつかれさまです」と声を掛けた後、「寒いですよね」といった天気の話をすれば、違和感なく話すことができるでしょう。

「よくコーヒーを飲まれてますよね」と、前から知っていたことをアピールする手もあります。
仕事中なので長話は避けるべきですが、相手の部署や仕事内容、勤続年数などを尋ねるくらいであれば悪くは思われないはず。
挨拶するときには笑顔を心がけ、少しずつコツコツと相手との距離を縮めましょう。

店員さんの場合

カフェや書店の店員さんに一目惚れしたときは、常連になって相手に顔を覚えてもらうことから始めましょう。
店に足繁く通い、相手に親近感を持ってもらうことが大切です。
何度か顔を合わせているうちに、相手から話しかけてくれることもあるかもしれません。

こちらから話しかける際には相手が忙しそうなときは避け、時間に余裕がありそうなときを見計らって話しかけるようにしましょう。
「おいくつですか?」と相手のことを尋ねたり、「今日はいつもの店員さんがいませんね」「お客さんがいつもより少ないですね」と常連らしい話しかけ方をするのもおすすめです。

電車・バスで見かけた場合

時には電車・バスで見かけた男性に一目惚れしてしまうこともあるでしょう。
通学・通勤時間が重なっているなら何度か同じ電車・バスに乗り合わせることがありますが、そこから相手と接点を持つのは難しいものです。

突然話しかけると不審がられてしまう恐れもありますが、ダメ元で挑むのも一つの手。
「突然すみません」と断りを入れ、「前から素敵だと思っていました」と素直に気持ちを伝えましょう。

偶然を装って話しかけたいときは、メンズのハンカチやペン、メモなどを用意して、「これ落としませんでしたか?」と声を掛ける方法もあります。
相手が「違います」と答えてそのまま去ってしまったとしても、次に会ったときに「この間はすみませんでした」と話しかけるチャンスができるでしょう。

また、知り合いと勘違いしたふりをして話しかける手もあります。
「○○さんではありませんか?」「この間、○○で会いましたよね」といった感じで話しかけますが、実際の知り合いや実体験を使って本当のことを織り交ぜたほうが嘘がバレません。
相手に人違いだと言われたら、「知り合いによく似ていたので」ときちんと謝った後、「お勤めはどちらなんですか?」「学生の方ですか?」といったように会話をつなげましょう。

道ばたで見かけた場合

一目惚れしたのが道ばたで見かけただけの相手だった場合、話しかけるのはもっともハードと言えます。
定期的に使うかもしれない駅やスーパーで出会ったならともかく、二度と相手に会えない可能性が高いでしょう。
話しかけるとしたら、「一目惚れした」と相手に素直に伝えるか、自分で無理やりにでも口実を作るかの2パターン。

まずは相手を足止めするため、「道を教えてください」といったように声をかけます。
ただし、そこから「この辺りに住んでるんですか?」と話を広げることができたとしても、相手から連絡先を教えてもらうところまで発展するのは難しいはず。
結局のところ「素敵な人だと思って声をかけたんです」と打ち明けることになるかもしれませんが、突然お願いするよりも、会話を通じて相手の警戒心を解いてから頼んだほうが、連絡先を教えてもらえる確率が高まるでしょう。

一目惚れした男性に話しかけるにはきっかけ作りが大切!

一目惚れした相手に話しかけるのはとても勇気がいることですが、自分から踏み出さなければ何も始まりません。
ほとんどの男性は女性から一目惚れされると嬉しく感じるものなので、口実を作るのが難しければ、素直に一目惚れしたことを打ち明けるのも一つの手段です。
自分できっかけを掴み、一目惚れの恋を実らせましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。