女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

愛情を伝えるにはどうする?彼氏に伝わる愛情表現の言葉7選

彼氏に向かって自分の愛情をきちんと伝えていますか?
言葉より行動で示す派という人もいるかもしれませんが、言葉にしなければ伝わらないこともあるかもしれません。
そこで今回は、彼氏に対する愛情表現にぴったりな言葉をご紹介します。

©:weheartit.com

彼氏に伝わる愛情表現7つの言葉

愛情表現の定番と言えば「好き」「愛してる」といったストレートな言葉。
ですが、彼氏に面と向かって言うのは照れくさいという人も多いでしょう。
彼氏に愛情表現したい時に使える言葉をいくつかご紹介します。

①感謝の気持ちを伝える「ありがとう」

感謝の気持ちを言葉で伝えることも大事な愛情表現の一つ。
付き合いが長くなってくると相手の親切を当たり前のように思ってしまうものです。
デートの予定を空けてくれる、食事に連れて行ってくれるなど、彼氏が普段自分のためにしてくれることに対して「ありがとう」の気持ちを伝えましょう。

②「似合ってる」「カッコいい」と見た目を褒める

男性であっても、自分の見た目を褒められると嬉しいものです。
彼氏がデートで新しい服を着てきた時には「似合ってるよ」「カッコいい!」といった言葉で褒めましょう。

背の高さや指の綺麗さ、目元など、自分が好きだと思う彼氏の見た目を褒めるのもいいでしょう。
彼氏の魅力について自分自身が再認識することにも繋がるかもしれません。

③「大丈夫?」と相手を気遣う

彼氏に気遣いの言葉をかけることで愛情を伝える方法もあります。
彼氏が仕事で大変そうな時や疲れていそうな時は「大丈夫?」「無理しないでね」と声をかけましょう。
口だけでなく、彼氏の体や心がリラックスできるように配慮を見せることも大切です。

④名残惜しそうに「もっと一緒にいたいな」

デートが終わりに近づいてきたら「もっと一緒にいたいな」と甘えてみましょう。
一緒にいたいという気持ちを言葉にして伝えることで、彼氏は愛されていると実感を持てます。
ストレートに言いづらい時は「あっという間に時間が過ぎちゃったね」と遠まわしに名残惜しさを伝えるといいでしょう。

⑤帰り際に言う「また一緒に来ようね」

デートの帰り際に彼氏に向かって「また一緒に来ようね」と言うことで、デートが楽しかったことを伝えられます。
次回があることを思わせる言葉でもあり、これからも一緒にいたいという気持ちも込められているため、彼氏に十分な愛情を感じてもらえるでしょう。

⑥「○○君ってすごい!」と褒める

彼氏の見た目だけでなく、内面や能力を褒めることも大切です。
「○○君ってすごい!」と言葉で伝えることで、彼氏は恋人から尊敬されているのだと自信を持てるでしょう。

お互いを尊敬し合うことはカップルが長続きするための秘訣でもあります。
彼氏が仕事などで成功した時には自分のことのように喜び、相手を褒め称えるようにしましょう。

⑦「○○君」と名前を呼ぶ

単純なことですが、彼氏の名前を呼ぶことも立派な愛情表現です。
愛情が薄れてくるとお互いを名前で呼ぶ機会が減り、コミュニケーションが希薄になってしまいかねません。
普段から「ねえ」と彼氏の名前を省きがちな人は意識的に彼氏の名前を呼ぶように心がけましょう。

彼氏に分かりやすく愛情表現を伝えるためには?

愛情を言葉にしていても、彼氏に気持ちが伝わらなければ意味がありません。
きちんと愛情表現を伝えたい時は、相手の目をじっと見つめるといいでしょう。

また、彼氏の手を握ったり、肩にもたれかかりながら言うのも効果的です。
目を合わせるのが恥ずかしい場合は後ろから抱きつきながら、愛情を伝えるといいでしょう。

彼氏に伝わる言葉で愛情表現しよう!

カップル歴が長くなってくると、愛情表現が疎かになりがち。
自分の中の愛情をきちんと言葉にして伝えなければ、彼氏を不安にさせてしまうかもしれません。
日頃から感謝や気遣いの気持ちを言葉にし、彼氏に愛情を伝えるようにしましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。