女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

結婚して幸せになれる相手かどうかを見極める方法とは?

あなたにとって幸せな結婚の定義とは何でしょうか?
結婚した相手といつまでも仲良く過ごすことでしょうか?
何不自由なく結婚生活を送ることでしょうか?

ただ、このどれもが結婚相手次第で幸せと感じられるかどうかが変わります。
そこで今回は、結婚して幸せになれる相手かどうか見極める方法をご紹介していきます。

©:weheartit.com

幸せのものさしは人によってさまざま

大豪邸に住んでいて毎日高級料理を食べているとすれば、それが当たり前になるので幸せを感じないかもしれません。
また、世間一般から羨ましがられるような生活を送っていたとしても、当の本人は幸せに感じていないことだってあります。

隣の芝生は青く見えると言いますが、他の人が羨ましく感じても、決して悲観的になる必要はありません。
なぜなら、自分自身が幸せであるのであれば問題ないからです。

人によって幸せだと思う感覚が違います。
自分の幸せの定義を結婚するまでの間にみつけられると、幸せな結婚生活を手に入れられるでしょう。

結婚して幸せになれる相手かどうかを見極める方法

今あなたと付き合っている相手はどんな人でしょう。
優しい人ですか?それともあなたのことを第一に考えてくれる人ですか?

必ずとは言いませんが、結婚すると手のひらを返したように態度を急変させる人がいます。
その前兆を、付き合っている段階で見極める方法があるのでご紹介しましょう。

相手によって態度を変えてしまう人

相手の立場や、人柄を見て態度を変えてしまう人がいます。
つまり、親しい人には優しいのに、出先のお店にいる店員さんや、立場的に弱い人に対しては態度が横暴になってしまう人のこと。

このような人は、結婚生活が始まってから、付き合っている頃とは態度が変わってくる可能性があります。
まずは相手の行動をしっかり見極め、態度が人によって変わる人ではないか確かめましょう。

気が合うかどうか

好きな食べ物や場所、趣味などが合うかどうかです。
まったく一緒ではなくても、ある程度気が合わないと、結婚生活を送る中でしんどくなる部分が出てきます。

例えば、あなたがアウトドア派なのに対して、彼がインドア派なのであれば、休日の過ごし方で揉めることになるでしょう。
他にも、好きな食べものが肉と魚で分かれてしまうと、食事の時間が憂鬱になるかもしれません。
ですから、気が合うことで、一緒に過ごす中で些細な幸せを感じられることができるのです。

喧嘩をしてもすぐに仲直りできるかどうか

一緒に過ごしている限り、喧嘩をすることはあると思います。
そんな時、すぐに仲直りできる相手でなければ、結婚生活でストレスを抱えることが多くなります。

というのも、結婚すれば基本的にはひとつ屋根の下で一緒に過ごすことになります。
それなのに、喧嘩した後、しばらく仲直りできないとどうでしょうか?
その間、ずっと嫌な気持ちで一緒に過ごさないといけなくなり、同じ空間にいることすら嫌になっていくでしょう。

そうならないためにも、喧嘩してもすぐに仲直りできる相手であることが大切なのです。
どんな時でもずっと笑顔でいられる相手であれば、結婚生活を幸せに過ごせることでしょう。

異性としての魅力を感じられるかどうか

これは長く付き合っているカップル限定になってしまうかもしれませんが、異性として魅力を感じているかどうかです。
付き合っていくうちに慣れが生じてしまい、異性としての魅力が下がっていきますよね。
それに加えて、一緒に過ごすことになると、素の部分を見ることが多くなるので、魅力はさらに下がっていきます。

そんな中でも、付き合い当初のお互いの気持ちが高ぶっていたあの時の気持ちが少しでもあれば、恋愛している感覚を忘れずにいれます。
そんな相手と結婚できることは、本当に幸せなことだと思いますよ。

金銭面にある程度余裕があるかどうか

結婚する上でお金がすべてではありませんが、やはりお金は大事です。
どれだけ外見や中身が好きな相手だとしても、お金がなければまともな暮らしはできません。
それはつまり、幸せな結婚ではないということになります。
裕福な生活ができなくても、お金に困ることのない生活を送ることが、結婚して幸せになれるかどうかの大切な要因なのです。

幸せな瞬間をたくさん感じられる相手と結婚しよう

付き合っている期間よりも、結婚してからの期間の方が長いものです。
結婚する前は幸せでも、結婚してから思い描いていた結婚生活とかけ離れたものになってしまっては、せっかくの結婚も台無しになってしまいます。
遊びで付き合う相手と、結婚を前提に付き合う相手は別物なので、「この相手となら幸せに暮らすことができる」と、相手を見極められるようになっていきましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。