女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

結婚の挨拶のときに喜ばれる手土産の相場と選び方とは?

結婚の挨拶は人生の一大イベントで、結婚に踏み切る前の重要な事前準備の一つだと言っても過言ではありません。
あなたなら結婚の挨拶の手土産にどんなものを選択しますか?

結婚の挨拶は頻繁に行うものでもないので、何を持っていったら良いかお悩みの方も多いことでしょう。
相手に渡して失礼にあたるものはないかといった心配も尽きませんよね。
そこで今回は、結婚の挨拶の手土産の相場はいくらなのかと、選び方についてご紹介していきます。

©:weheartit.com

結婚の挨拶の手土産はいくらが丁度いい?

金額だけでみると、安すぎても挨拶を軽視していると思われかねませんし、高すぎても相手に気を遣わせてしまうかもしれません。
一般的なアンケート結果を参考にすると、結婚の挨拶の手土産にかける金額は3,000円から5,000円と答えている人が過半数を占めています。

一般的な感覚として、3,000円から5,000円が、送る側も受け取る側もちょうどよい価格帯なのではないでしょうか。
手土産の価格の相場を知った上で、どのようなジャンルの手土産が選ばれているのかを次でご紹介しましょう。

今最も選ばれている結婚の手土産トップ3

一位:洋菓子

手土産の大多数を占めているのが洋菓子です。
洋菓子は包装によって小分けにされているため、受け取った側の家族が分けやすく、消費に焦らなくていいというメリットがあります。

代表的なものだと、バームクーヘンやゼリーあたりがベターなのではないでしょうか。
バームクーヘンの中でおすすめのメーカーは「クラブハリエ」です。
手のひらサイズのバームクーヘンで、一度で食べきりやすいサイズ感になっています。

二位:和菓子

洋菓子に次いで人気なのは和菓子です。
和菓子は昔から手土産の定番が多いジャンルとされています。
また、送る相手の世代へのウケもよいのではないでしょうか。

おすすめなのは「とらや」の最中です。
「とらや」といえば数百年も前からある老舗の和菓子屋。
ネットでもお取り寄せが可能なので購入に行く手間もありません。

三位:出身地の名産品

相手方の両親と出身地が異なる場合に限りますが、地元の名産品は珍しく新鮮味があるので喜ばれやすいです。
地元の地酒や、名産品である果物を使用したデザートを選んでみてはいかがでしょうか。
以上の3つを紹介しましたが、事前に相手の好みをリサーチできるのであれば、相手の好みにあった手土産を選ぶのが無難かもしれませんね。

選んではいけないNGな手土産

結婚の挨拶に持っていく手土産ですが、結婚の挨拶には適していない手土産もありますのでご紹介していきます。

割れ物や切り分けられる食べ物

割れ物であればクッキー、切り分けられるものでいえば羊羹は避けたほうがいいとされています。
理由としては、「別れること」を連想させるためです。
できればこのような縁起の悪い品物は避けましょう。

賞味期限の近いものには注意

賞味期限が極端に近いものは避けたほうが良いでしょう。
生物のような賞味期限が近いものだと、受け取った側も早く消化しないといけなくなってしまうため気を遣わせてしまう可能性があります。

結婚の挨拶の手土産は相手に喜ばれるものを選んで好印象を!

結婚の挨拶の手土産の相場や選び方について参考になったでしょうか?
結婚の挨拶は手土産が全てではありませんが、一番始めの挨拶のタイミングで相手に渡すものです。
手土産が良い結婚の挨拶のきっかけになるとよいですね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。