女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

可能性はある?復縁を失敗した後に挽回する5つの方法とは?

「別れてしまった相手と復縁したい」と願っている方は多いでしょう。
一度復縁に失敗したからといって、すぐに諦めようとしていませんか?

実は一度復縁に失敗していても、その後に挽回できる可能性は十分にあるのです!
今回は、そんな復縁の失敗から挽回するためのポイントを5つご紹介していきます。

©:weheartit.com

1.自分を見つめ直す

多かれ少なかれ、別れたからには相手があなたに対して不満に思っていたことがあったのではないでしょうか。
反対に言えば、その不満が解消されれば、復縁できる可能性が一気に上がることにもなるのです。

別れた頃から何も変えようとしないまま、ただ復縁を申し出ていても良い結果は望めません。
相手が自分のどのような所に不満を抱いたのかをよく考えてみたり、自分の悪かったところを反省したりと、自分の悪い部分を直そうと努力していくことが大切です。
自分の悪いところを見つめることははあまり気が進むものではありませんが、復縁するためにはとても大きなポイントとなります。

2.ネガティブになりすぎない

復縁を一度断られていることによって、どうしてもネガティブになってしまいがちですが、ネガティブなまま行動を起こすとかえって悪い結果を招きかねません。
復縁を望んでいる期間にネガティブになってしまうと、初めはただの恋心だったものが依存や執着心に変わって、本来の目的を見失ってしまったり、無意識のうちにストーカーになってしまうというケースも存在します。
過剰にポジティブになる必要はありませんが、適度に心に余裕を持つようにしましょう。

3.冷却期間を作る

復縁するためのポイントの中で、最も大切なのがこの冷却期間です。
お互いに気持ちの整理ができていないまま復縁を試みても、失敗してしまったり、その先に長続きしなかったりと良い結果にはなりません。

別れた後は、一定期間気持ちを整理したり、考え直したりする期間を設けたほうが、冷静な判断ができるようになります。
ですが、あまりにも長い期間とりすぎてしまうと、その間に相手に新しい恋人ができてしまうこともあるので注意しましょう。

4.タイミングを見計らう

本来なら成功しているはずなのに、タイミングが悪いせいで失敗してしまうという例もいくつか存在します。
例えば、別れてすぐだったり、相手に恋人ができたときなど、悪く言えば自分の都合でしかないようなタイミングで告白をしてしまうと、相手からしたら迷惑ととられてしまうことも。

一度そのように思われてしまうと、そこから挽回することはなかなか難しくなってしまいます。
まずはその時の相手の状況を確認して、タイミングがよいときに復縁を申し出ましょう。

5.話し合いをする

ある程度の冷却期間を置いた後は、一度よく話し合ってみることも大切です。
お互いに心の中では思っていても、言葉にして伝え合わなければわからないことも多くあります。
話し合いの中であなたの意見を伝える際は、今自分が復縁したいと思っていることを理由とともに誠実に伝え、別れてから自分がどう変わったかなどをよく伝えるのがポイントです。

当たり前ですが、自分のことを話すのと同じくらい相手の話もよく聞くようにしましょう。
相手が話しているときは途中で反論したりせずに、最後まで聞き終えることを忘れないようにしましょう。
せっかくの話し合いの場で喧嘩になってしまっては、全くの逆効果になってしまいます。

復縁を失敗した後の一番のポイントは心に余裕を持つこと

以上が、復縁の失敗から挽回に繋げるためのポイントです。
一番大切なのはあなた自身の心に程よい余裕があることです。
焦りすぎず、今回ご紹介したポイントを一つずつ意識して、復縁を成功させましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。