女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

距離を置くことで復縁できる可能性が高くなる理由とは?

「復縁をしたいのならすがるのではなくて距離を置かなければダメ」
復縁する為にどうしたら良いかとネットを検索していると、こんな言葉がよくヒットします。

「でも、距離を置いてしまえば彼は他の女性と付き合ってしまうかもしれないし、もう私の感情はないと誤解をされてしまい、逆に復縁出来ないんじゃないかと不安になってしまう…。」と考えてしまう人も中にはいるのではないでしょうか?

気持ちを抑えるのも大変ですし、距離を置くのって不安だし辛い。
でも、本当に復縁をしたいのであれば、距離を置く事はなにより大切。
どうしてそんなに距離を置く事が大切なのか、ここでは説明していきたいと思います。

©:weheartit.com

お互いが冷静になる事が出来る

別れる時、お互いが冷静に別れるというのは困難です。
お互いが納得した形で別れる以外は、笑って別れましょうなんてそんな簡単な話しではありません。

お互いが冷静でない状態は話し合いが上手くいくはずもないですし、お互いの良い所を見れる訳もありません。
だからこそ一旦冷静になり、距離を置くことでお互いの良い所を見つめ直す必要があるのです。

距離を置けば別れ際に暴言を吐いたにしても、自分を見つめ直す事が出来ますし、冷静にまた考え直す事が出来ます。
出来るだけ冷静に別れ、出来るだけ円満に別れる為にもすがらず一度は距離を置く。
その行動が、彼にも良い印象を与え、復縁の可能性が高くなるのです。

別れと向き合うことが出来る

別れる事になったのには絶対に理由があるはずです。
その原因を解決しなければ、どんな事をしても復縁なんて出来る訳がありません。

しかし、別れる時に彼が別れの原因を全て言ってくれるはずもありません。
だからこそ距離を置くことで自分で自分を見つめ、別れと向き合う必要があるのです。

・悪かった所と向き合う事が出来る
・今までの行動と向き合う事が出来る

上記の様に、別れに至るまでの理由と向き合う事が出来ます。
向き合う事が出来れば、改善する事も出来るのです。
別れと向き合い、原因を見付ける事で改善し、復縁の可能性が高くなる事に繋げる事が出来るのです。

彼にも別れた事を実感させる

距離を置く事が出来ずに頻繁に連絡をしたり、頻繁に会っていたりすれば、彼は別れた事を実感する事は出来ません。
嫌な状態でただズルズルと時を過ごし、ズルズルと関係を続けているという風なマイナスな印象しか残りません。

それに別れているかどうかを実感させる事が出来ないのであれば、あなたがいないという寂しさを味合わせる事もいつまで立っても出来ないのです。
別れたのであれば、ハッキリ距離を置いて、彼にもあなたのいない寂しさであったり、あなたの大切さを思い知らせる様にしましょう。
彼が寂しさやあなたのいない切なさを知れば、復縁出来る可能性は高くなるのです。

お互いの気持ちを確かめることが出来る

どうしても別れた時、振られた側は特に復縁したくてしたくて仕方なくなるはずです。
だって、大切な者を失えばそれを取り戻したいとやっきになりますよね。

でも、本当にその気持ちは本心なのでしょうか?
失ってしまったから取り戻す為にやっきになってしまえば、ストーカーの様になってしまい、あなたは日常生活もきちんと送る事が出来なくなる可能性があります。
それに、追いかけれている側からすれば、怖いだけになってしまいます。

だからこそ、勢いで別れたなら尚更、距離を置くことで一度自分の気持ちを確かめる必要があるのです。
もしかしたら、自分はそんなに彼の事を好きでなかったと思うかもしれませんし、やはり復縁したいと考えるかもしれません。
冷静に考える事が出来れば、冷静に行動する事も出来る様になるはずですよ。

彼の警戒心が取れる

距離を置く事で、彼があなたに対する警戒心が薄れていくのです。
やはり別れた後は、あなたに対して復縁をせがんで来るのではないだろうかといった警戒心が生まれてしまいます。
その警戒心が取れない限り、あなたと友達になる事も出来ません。

友達になる事が出来ないのに復縁なんて、夢のまた夢の話しになってしまいます。
彼の警戒心が取れた頃にアピールする事が出来れば、結果復縁の近道になるはずですよ。

やはり復縁には距離を置く事が効果的

好きな人とは一刻も離れたくない。
だからこそ、焦ってしまうのは十分分かりますが、やはり復縁の為には距離を置く事が可能性を高くする事が分かりました。

距離を置く事は結果的に復縁に繋がるだけではなく、お互いの為になります。
辛いとは思いますが、気持ちの整理をする為にも、きちんと距離を置く様にしてくださいね。
きっと追いかけるよりも復縁の近道へとなるはずですよ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。