女性の恋愛をいい方向へ導きたいという思いを込めたサイトです♡

menu

ガールズラブメソッド

本当の恋愛って一体なに?巡り合うにはどうすればいい?

恋愛が上手くいかない、好きな人がころころ変わってしまうことはありませんか?
そんな時に、友達や年上の人から「本当の恋愛を知らないから上手くいかないんじゃない?」と言われてしまった経験がある人もいるでしょう。
今の相手との恋愛が本当の恋愛なのかどうか、また本当の恋愛とはいったいどのようなものか知りたくありませんか?

本当の恋愛とはドキドキする恋よりも、相手を思いやる愛が強い恋愛のことなのです。
具体的にどのような恋愛が本当の恋愛なのかをご紹介します。

©:weheartit.com

誰かに愛されたい!恋人がほしい!は自己愛

恋愛をしたいと思っている、または誰かに片思いをしている場合には、「恋人がほしい」「誰かに愛されたい」と考えていることが多いものです。
誰かに愛されたいというのは、「自分を認めてほしい」「自分に構ってほしい」という自己承認欲求に他なりません。
自分だけを見ていてほしい、自分の気持ちに気が付いてほしいと相手に自分の存在を受け入れてもらい、恋愛という形で成就したいという気持ちの表れなのです。

自己承認欲求や自己愛は「本物の愛」ではなく、愛情を欲している状態です。
本当の恋愛は相手のことを思いやり、また相手を受け入れ、さらに相手に自分を捧げる愛のことなのです。

両思いのドキドキは本当の恋愛ではない?

では両思いになってときめいたり、相手の言動にドキドキしている状態は本当の恋愛とは呼べないのでしょうか?
もちろん、付き合い始めてすぐは相手のことをあまり知らないということもあり、その言動や人となりを知ってときめくこともあるでしょう。
そして時間が経過するとともに、恋愛から愛情へと変化していきます。

手が触れたり、キスをしてもドキドキしすぎることもなくなり、相手のことがわかってくるからこそ、相手が心地よくなるようにふるまったり、相手の成功を自分のことのように喜んだりすることができるようになるのです。
まるで、相手が自分であるかのようにふるまえるようになることで、「本当の恋愛」に変化してくるのです。

短い期間で恋愛を繰り返したり、その場限りの関係を続けたりしていると「本当の恋愛」に到達するのには時間が短く、また相手のすべてを知るまでに相手の気持ちに接触する機会も少ないものです。
本当の恋愛は時間だけが作り上げるものではありませんが、相手のことをすべて受け入れるまでにはそれなり時間はかかるものです。
短いスパンでの出会いや体目的の関係では、本当の恋愛にたどり着くのには時間が短すぎるといえるでしょう。

本当の恋愛は「与えること」に喜びを感じるもの

本当の恋愛は相手に何を与えるかを考える存在と言えるかもしれません。
キリスト教での最上級の愛は「アガペーの愛」といいます。
これは、神が人間に与えている愛です。
すべてを受け入れ、すべてを与えている愛のことを指します。

恋愛においても同じことがいえるのではないでしょうか。
相手に与えることで自分が満足し、一緒に喜びも苦しみも感じることができるのが本物の愛なのです。

例えば相手が成功した時には、ねたむこともなく純粋にその成功を喜び、相手の努力を認めることができます。
相手が苦しんでいる時には自分に見返りを期待することなく、相手の苦しみを分け合い、相手の力になれるようにすることが本物の恋愛といえるのではないでしょうか。

だからといって相手の気を引くために一方的に貢ぐことではありません。
互いに与え合う存在であることが、「本当の恋愛」と呼べるのです。

「本当の恋愛」に巡り合うためには、自分をまず愛することから

本当の恋愛を知りたいなら、まず自分を愛することから始めましょう。
自分は愛されて当然の存在であることを受け入れ、自分の自己肯定を高めることが重要です。
相手に一方的な愛を要求するのでも、反対に貢ぐ存在になったり都合の良い存在になったりすることなく、対等でいられる存在こそ、本物の愛を育むことができるのです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。